女性

信頼を得るためにISO14001の取得を目指そう!

経済活動における環境対策

オフィス

近年注目される理由

現在の経済活動では単に有益な商品を提供するだけで無く、その経済活動における環境負荷を軽減する事も求められる時代になっています。こうした背景を受けて、経済活動における環境対策への取り組みを正当に評価するシステムも誕生しています。その代表的な認証システムがISO14001です。ISO14001は国際標準化機構が管理する規格のうち、環境マネジメントに対する評価基準や指針を定めた規格です。そしてその本来の目的だけで無く、特に近年注目されている理由があります。近年では環境対策に求められる条件の変化に対応させ、より経営戦略と環境マネジメント効果との整合性を図る事が必要だという観点が指摘されていました。そこで2015年に改定が行われ、経営責任者が環境問題に関する外部要求や内部課題を把握し、マネジメントによる効果を説明できる様にする必要性と責任が導入され、発行されました。そしてその新しく発行された規格へ準拠するため、既に認証を取得している団体でも移行審査に合格する必要がある事から、注目されています。

主な実施手順の概要

ISO14001では基本的に、計画・実施・点検・見直しという4段階を1サイクルとしたPDCAサイクルに沿った対策が推奨されています。通常、まずは経営戦略を明確にし、その戦略に沿って、必要となる環境対策の目的や手順を戦略化します。そしてその環境戦略の計画書通りに経済活動の実施を行い、結果を調べます。そこで環境マネジメントの観点から改善が見込める点については見直しを行い、次のサイクルで実行する、という流れになっています。こうしたPDCAサイクルを継続する事で環境マネジメント対策のレベルを向上させ、元々の計画書通りとなる様に経済活動による環境への負荷を軽減し、さらにその努力を高めていく、といった効果が、ISO14001の利点となっています。