女性

信頼を得るためにISO14001の取得を目指そう!

環境保全に対する認証

システム

環境に対する国際基準

ISO14001は、環境に配慮しながら事業活動を行っているかどうかの指標となるものであり、世界の企業に共通したものです。すでに取得件数は、全世界で30万件に及ぶ規模を誇っています。このISO14001は観光マネジメントの国際規格として2015年9月に新規格に変更になっています。すでに認証をとっている企業は、3年以内に移行審査を受け合格しなければ、ISO14001の認証が無効になるのです。会社がISO14001を取得するにあたって、全社で一つの認証を受けるほかに事業所や工場ごとに認証を受ける方法もあります。会社で一つの認証を受けるときには事業所すべてで基準をクリアしていなければなりませんが、取得審査や今回のような移行審査も一回で済むメリットがあります。

業績や利益とは直結しない

ISO14001は環境における国際基準であるため、この規格をクリアしている会社は利益率が高いなど業績とは直結しません。あくまで環境保全に取り組みを行っているかどうかの目安となり、環境を考えたビジネス活動の目安になるだけです。そのため、企業の価値を見出すためにISO14001の取得状況で判断することは間違っていることに注意しなければなりません。しかし企業の価値を高めるためにISO14001を取得する行動に出ることで結果的にコストダウンなど利益抽出に結びつく事例は存在します。排出ガスを抑えたり原材料を見直したりすることがコストダウンにつながる可能性はあるためです。しかし抜本的な対策を行わない限り成果としては見えにくい状況となります。