男女

信頼を得るためにISO14001の取得を目指そう!

経済活動における環境対策

オフィス

ISO14001は経済活動における環境対策を評価している。この規格は近年必要な変化に対応するために2015年に改定された。取得済み団体でも移行審査への合格が必要なため、注目が集まっている。この規格では基本として、経営戦略に沿った環境対策への目標設定と、それを実行するPDCAサイクルで成り立つ。

もっと読む

環境保全のための国際規格

パソコンを操作する女性

企業が明確にする環境活動

ISO14001とは、国際的に認められている環境マネジメントシステムのための規格のことです。ISO14001はEMS(Environmental management system)とも呼ばれています。企業が行ってる事業によって、環境に悪い影響を及ぼさないためのシステムを構築すること、悪い影響を及ぼしている場合は、それらを改善することを目的としているものです。ISO14001では、企業の環境に対して実施している活動だけではなく、それらのプロセスを明確にする必要があります。環境保全のために掲げる方針や活動計画したあと、企業や社員がそれらを実施し、計画通り実施されているかなどを確認し、悪い点があれば改善していくという一連の過程を明記する必要があるのです。

審査に通過するための文書

ISO14001を取得するためには、環境マネジメントシステムが、国際標準化機構が定めた要求事項を満たしているかどうかの審査を受ける必要があります。そこには、企業の状況や環境マネジメントシステムの適用範囲や、システムの責任者や権限、環境に対する取り組みや目的、内部での運用方法、実際それらがどのように実施されているかを評価する方法、またそれらが定めた基準を満たしていない場合の是正方法などを文書化して見せる必要があるのです。また、その文書自体も管理されていることを示さなければなりません。審査を通るためには、この文書と文書管理が非常に重要なのです。言葉で説明するだけでは、いくら完璧なシステムを運用していても審査を通過することは困難なのです。

環境保全に対する認証

システム

ISO14001は環境に対する国際規格です。2015年9月に基準が変更となり、すでに取得している企業においても3年以内に移行審査に合格する必要があります。あくまでも環境保全を行っているかどうかの目安であり、利益とは直結しないことに注意が必要です。

もっと読む

環境の国際規格

男女

ISO14001は環境への負荷低減を目的とした国際規格で、EMSといわれる環境マネジメントシステムを構築し、PDCAサイクルで継続的な改善を目指すものです。企業イメージの向上につながる規格なので、長期的な視野で見ると、利益を得ることができるかもしれません。

もっと読む